安曇野の作家展「近くに在るものへのまなざし」
秋の収蔵作品展 
安曇野の作家展「近くに在るものへのまなざし」



戦前から戦後、そして現代までの安曇野ゆかりの作家による作品展を開催します。
彼らは「近くにあるもの」すなわち家族や子供、安曇野の風景などを独自の視点でとらえています。これらの絵画、彫刻を通して、作家たちの“愛しいものへのまなざし”を感じていただければ幸いです。




【展示作家】

小室孝雄、等々力巳吉、小川大系、小林章、小林邦、木村辰彦、高山晃、、飯沼一道、奥村光正、岸野圭作


会  期: 2020年10月1日(木)~11月29日(日)
開館時間:9:00~17:00(最終入館 16:30)
休  館  日:月曜日、祝日の翌日
入  場  料:一般520(410)円、大高生410(300)円 
※( )内は団体料金
※  中学生以下の方、安曇野市在住の70歳以上の方、障がい者手帳をお持ちの方と介助者1名は無料

【関連企画】 ※コロナウィルス感染症対策のため変更になる可能性があります。




◇安曇野市立美術館・博物館無料開館
期  日:10月3日(土)・4日(日) ※無料でご覧いただけます。


◇高田博厚生誕120年記念講演会
―モデルとなった室町澄子氏をお迎えして
日  時:2020年10月10日(土) 13:30~14:30(開場13:00
会  場安曇野市豊科近代美術館 大展示室
講  師室町澄子氏(元NHKチーフ・アナウンサー)
定  員50名 (先着順 / 前日までに電話で申込)
入  場  料大人520円 大高生310円 (展覧会込み)
申  込9月8日(火)~10月9日(金)

◇ギャラリートークリレー
期  間:10月17日(土)~11月3日(月・祝)




主  催:安曇野市豊科近代美術館・公益財団法人 安曇野文化財団


2020.09.15 08:48 | 固定リンク | 常設展・企画展

- CafeNote -