令和3年度春の収蔵品展「安曇野の日本画 季節のうつろい」


令和3年度 春の収蔵品展 
「安曇野の日本画 季節のうつろい」
新規収蔵作品・山口蒼輪《菊》の公開にあわせ、安曇野出身の日本画家4名による春夏秋冬を描いた作品約20点を展示します。

会  期: 2021年4月1日(木)~5月5日(水・祝)
開館時間:9:00~17:00(入館は午後16:30まで)
休  館  日:月曜日、祝日の翌平日、4/2
会  場:1階 第3展示室
観  覧  賞:一般520(410)円、高大生310(200)円 ※( )内は団体料金
※会期が重なる期間は上記入館料ですべての展覧会を観覧できます。
主催:安曇野市豊科近代美術館・公益財団法人 安曇野文化財団

展示作家
山口蒼輪(1913-1950/堀金)
保尊良朔(1896-1953/穂高)
野本文雄(1884-1958/三郷)
斉藤俊雄(1931-/豊科)
2021.03.10 13:23 | 固定リンク | 展示情報

- CafeNote -