【終了】貌&象 SILVA MATER ―森は母― 木下五郎彫鍛金展









信州の山々に魅せられた工芸作家・木下五郎(1945-)は、1968年に駒ヶ根市に工房を構えて以来、目の前の大自然と向き合いながら作品を制作してきました。銅やアルミ、金箔などを用いて、伝統的な彫鍛金技法でレリーフを形成、金属特有の錆を施し、森羅万象の世界を表現しています。テーマは常に、大地に強く根を張り、たくましく命を生み出す母なる森です。大胆な構図の中に、繊細な描写で深い森や樹々の根、風や光などが「かたち」として出現し、美しく、時に厳しい自然界の刻々と移ろう情景を画面に投影します。本展では日展初入選作の他、日展と日本現代工芸美術展の出品作品をつなげた全長10メートルのパノラマ型の大作など約60点を展示します。生命のエネルギー溢れる金属芸術の世界をご堪能ください。


安曇野市豊科近代美術館 春の特別展

かたち&かたち SILVAMATER ―森は母― 木下五郎彫鍛金展

 会 期:202451日(水)~62日(日) 29日間 

休館日:57日(火)、13日(月)、20日(月)、27日(月)

時 間:午前9時~午後5時(入館受付は午後4時半まで)

会 場:安曇野市豊科近代美術館2

料 金:一般700(600)円、大学生 500(400)
    ※(  )内は20名以上の団体料金
    ※高校生以下・障がい者手帳をお持ちの方と介助者1名は無料

 主 催:安曇野市豊科近代美術館/公益財団法人 安曇野文化財団

共 催:信濃毎日新聞社

後 援:安曇野市、安曇野市教育委員会、駒ヶ根市、駒ヶ根市教育委員会、中日新聞社、長野日報社、

市民タイムス、あづみ野テレビ、あづみ野エフエム、現代工芸美術家協会 長野会、信州美術会


関連イベント 

【終了しました】ローズウィーク 525日(土)~62日(日)

 美術館庭園のバラの開花に合わせ、525日(土)、26日(日)午前9時~午後3時頃、苗の販売を行います。


■【終了しました】彫金ワークショップ 「銅板でオリジナル表札を作ろう!」 

 彫金とは、鏨(たがね)などを使って金属を彫る金属工芸の技法です。

 今回は木下氏が作品に使っている銅板を使って、世界に一つだけのオリジナル表札を作ります。

日時:202456日(月・振休) 午前10時~正午(予定)

講師:木下五郎氏   対象:小学校高学年以上 

参加費:500円   定員:先着12名 

持ち物:金づち(お持ちの方)、軍手、マスク 

申込み:4月23日(火)より電話で受付

【終了しました】木下五郎 アーティストトーク

 作品を目の前に、作家・木下五郎氏が作品の制作や本展覧会についてお話しします。 

日時:2024511日(土) 午後2時~ 参加費:無料(要入館料)

2024.03.23 13:28 | 固定リンク | 企画展
コレクション展~春夏の装い~ 戦後の女性と子どもを中心に
戦後の日本では、物不足の時代にあっても、女性たちは思い思いの服装を楽しむようになりました。着物を仕立て直したり、持っている生地を使いまわしたり、工夫を凝らして洋服を手作りすることも流行しました。本展では、当館収蔵品のうち、1950年代から70年代にかけて描かれた女性や子供の人物画を中心に、当時の一般的な服装や暮らしぶりを垣間見ることができる作品を紹介します。

会場:第1展示室
2024.03.22 10:17 | 固定リンク | 企画展
新収蔵品展
近年の新規収蔵品となった作品を中心に14点を展示いたします。

会場:第4展示室
2024.03.22 10:16 | 固定リンク | 企画展
【終了】豊科近代美術館 絵画クラブ 第24回作品展


絵画クラブの作品展を開催します。部員20名と講師の油彩や水彩画などを展示します。

豊科近代美術館 絵画クラブ 第24回作品展

期 間 : 3月9日(土) ~ 3月20日(水・祝)
時 間 : 9:00~17:00 ※入館は16:30まで・最終日は15:30まで
休館日 : 11日(月)・18日(月)
主 催 : 豊科近代美術館 絵画クラブ
会 場 : 豊科近代美術館2階大展示室
観 覧 : 無料 ※1階常設展は有料
2024.02.04 11:29 | 固定リンク | 企画展
【終了】令和5年度 安曇野市 中学高校美術部展+α(プラス アルファ)



令和5年度 安曇野市 中学高校美術部展+α(プラス アルファ)


安曇野市豊科近代美術館 冬の企画展として、令和5年度 安曇野市 中学高校美術部展+αを開催します。
当館は、美術館と学校との連携を運営の柱として位置付けており、中学校の職場体験の受け入れ・対話型美術鑑賞の実践・ワークショップの開催など、その取り組みは多岐にわたります。
本展は、生徒たちが作品を出品するだけに留まらず、+α(プラス アルファ)の内容をプレイベント的に盛り込みました。展覧会のチラシやポスターの原画制作や美術館のワークショップへの参加、自身の作品の展示設営を行うなど準備を重ねてきました。
ご来場の皆様には、中学高校美術部の日頃の活動と、当館との連携を知っていただくとともに、生徒たちの新鮮で多彩な作品を楽しんでいただければ幸いです。


冬の企画展

令和5年度 安曇野市 中学高校美術部展

会期 2024年2月3(土)~ 225日(日)

主催:安曇野市豊科近代美術館・公益財団法人 安曇野文化財団

後援:安曇野市・安曇野市教育委員会・市民タイムス・あづみ野テレビ・あづみ野エフエム

入場無料 ※常設展は有料

開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時半まで)

休館日:2月5日(月)、13日(火)、19日(月)

参加校:豊科北中学校、豊科南中学校、穂高東中学校、穂高西中学校、堀金中学校、三郷中学校、明科中学校、豊科高校、明科高校


2024.01.23 14:02 | 固定リンク | 企画展

- CafeNote -